スワイショウで自律神経を整えよう

MENU

腕ふり運動スワイショウで自律神経を整える

 

アトピー性皮膚炎と自律神経の関係性はとても深く、アトピーを改善するためには
自律神経の安定なしでは語れないともいえます。よく聞く自律神経という言葉ですが実際には自律神経が私たちの体でどのような役割を果たしているのか説明します。

 

 

そして、この自律神経を整えるのにとても効果があるスワイショウという体操についても紹介していきます。スワイショウはとても簡単な体操であり家の中でできるのでアトピーの傷がひどくて人目が気になる方も周りの目を気にせずに一人で取り組むことができます。

 

 

またアトピー患者の多くが実感している家に帰るとなぜアトピーの痒みが出るのかその対策などについても書いていきます。

 

自律神経とは

 

 

自律神経とは、私たちが自分の意志とは関係なく身体の機能を調節する神経のことです。

 

 

たとえば、心臓を動かしたり、食べたものを消化吸収したり、暑ければ汗をかいたり、
唾液を分泌したり、これらはすべて自分の意志ではなく自律神経によって調節されているのです。

 

 

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。
この二つの神経のバランスが崩れてしまっている状態を自律神経失調症といいます。

 

 

アトピーの人はこの自律神経が安定していない自律神経失調症をともなっていることが多いそうです。特に、脱ステロイド中の人などに多いのですが周りの人は平気そうなのに自分だけ寒気を感じることなどありませんか?汗をかくことができないまたは逆に汗をかきすぎるなどの発汗異常なども自律神経の乱れにより起こります。

 

 

そして、近年解明されたことは自律神経が免疫機能もコントロールしているということです。つまり自律神経を整えることにより免疫機能の乱れも治すことができるということです。

 

 

アトピー性皮膚炎などをはじめとするアレルギーはこの免疫機能異常の状態なのですから、自律神経を整えることによりアレルギーの原因である免疫機能を正常な状態に戻せるということになります。

 

 

アトピー性皮膚炎の改善には自律神経を安定させることが何よりも大切なのです。

 

自律神経を安定させるためにできること

 

そして自律神経を整えるには薬に頼らず生活習慣を改善する必要があります。

 

 規則正しい生活をする

基本はこれに限ります。
規則正しい生活は自然治癒力を高めるうえでもとても大切なことです。

 

疲れをためない

疲労は皮膚の悪化につながるので
十分な休息をとる必要があります。

 

食事は腹八分目を心がける

アトピーと胃腸の関係性もとても深いです。
アトピーの人は私も含めて大食いの人が多いようです。
腹八分目を心げけ、胃腸の調子を整えていきましょう。
(関連記事:甘酒でアトピー悪化?の記事へ)

 

ストレスを溜めない

ストレスが万病の元であることは言うまでもありません。
自分なりの方法でストレスを溜めないようにしましょう。
複式呼吸を行うことでリラックスもできます。

 

たくさん笑う

笑うことにより様々な病気の予防ができることが証明されています。
コメディ映画やお笑い番組などで大笑いしてみてください。

 

適度な運動を行う

ウォーキングやラジオ体操など
そしてこれから紹介するスワイショウも自律神経を整えるのに効果があります。

 

アトピーの方は注目のスワイショウのやり方

 

自律神経を安定させるために自分で簡単にできる体操で運動し終えたあとの爽快感がすごいスワイショウという体操をご紹介します。

 

 

スワイショウとは中国の気功や太極拳の準備運動の一つです。

 

 

スワイショウのやり方はとても簡単なので運動が苦手な方でも高齢の方でもどなたでもできてしまいます。

1.足を肩幅に開き、つま先は平行に
2.そのまま両腕を前にあげ胸の高さまで上げる
3.胸の高さまで上げたら、そのまま重力でだらーんと落ちるように下におろす
  (反動で後ろまで動くが無理に後ろまで振る必要はなし)
4.そしてまた腕をまた胸の高さにあげて自然におろす

 

これを繰り返していきます。

 

これだけ!?と、驚きましたか?とても簡単ですよね。

 

しかしこのスワイショウが身体にとてもよい運動なのですよ。

 

 

スワイショウの効果

スワイショウを続けることにより得られる効果はかなり多岐にわたります。

 

視力回復
アンチエイジング
自律神経を整える
全身の血行促進

 

さらに中国では、癌などの重い病気もスワイショウで回復したという話も多くあるほどなのです。実際に癌がスワイショウで回復したのかは信憑性にかけますが、それくらいスワイショウは身体によいのだと言いたいのだと思います。

 

 

この単純な動作のスワイショウですが腕を振ることにより腕から肩の血行がよくなりさらに全身の筋肉がほぐれていくことを実感できます。

 

 

腕を振っているときは心も無心になって雑念が取り除かれるために、動く瞑想とも言われます。つまりスワイショウは身体にも心にもよい作用があるようです。

 

 

何回ほど行うとよいのか?

 

様々な効果があると言われるスワイショウですが効果を得るために必要な回数は

 

 

一日に2000回。

 

 

40分ほどスワイショウの運動をすると
2000回腕を振ることになります。

 

 

はじめは無理のない回数から始め徐々に回数を増やしていってください。
このスワイショウは本当に病みつきになります。

 

 

終わったあとは、気持ちも身体もすっきりするので自律神経を安定させるのによいというのもなんだか分かる気がします。

 

 

とても簡単な運動ですが気持ちがよく効果の大きなスワイショウ。
だまされたと思って一度お試しください。

 

自律神経の仕業、家に帰ると痒くなるアトピーへの対処法

 

 

アトピーの方の中には学校や会社にいるときはなぜか痒さを感じることはないのに、

 

 

家に帰って服を脱いだ途端に痒くなりませんか?
私はいつも家について落ち着いた夕方の6時ごろになると痒くなっていました。これも実は自律神経の仕業なのです。

 

 

外出中に緊張しているため交感神経が優位となります。そして家に帰ってきてリラックスすることによりこんどは副交感神経が優位になるのです。この交換神経と副交感神経が切り替るときに痒みを生じるという理屈があるのです。

 

 

この家に帰るとかゆくなるアトピーに対し私が行っていた対策は、この時間になると痒くなることが分かっているので痒みが出る前にシャワーを浴びて保湿をする。痒みが来る前に先手を打ってしまうのです。たったそれだけでも、ずいぶん違います。

 

 

痒みを感じだしたらもう止まらないのでその前にシャワーで汚れを洗い流して清潔な肌に保湿をする。シャワーを浴びると痒みが増す方は氷で冷やすなどしてもうその時間になったら氷を準備して痒みが来たらすぐに対応できるようにしてみたり。

 

 

自分の痒みの発生する時間ってだいたいパターンがあるはずです。もしも自分の痒みのサイクルについて意識したことがない方はぜひ一度メモをとって確認してみてください。

 

 

突然痒みに襲われたと不意打ちを食らうより準備して痒みと対応するほうがよほど精神的にも違います。

 

 

>>水素水により根本的なアトピーの改善を目指すの記事へ進む

 

 

>>アトピー肌でもキレイの秘密トップページ

 

関連ページ

自律神経を自分で整える
自律神経とアトピー性皮膚炎の関係性について、そして自律神経を安定させるための簡単にできる生活習慣についてご紹介します。
アトピーとストレスの関係
アトピーとストレスの関係について、海外旅行に行くとアトピーがよくなるのはなぜか?について考えていきます。
アトピー肌の入浴の仕方
アトピー肌の人にとって入浴は肌を清潔に保つためにもとても大切です。しかし間違った入浴方法では余計に肌の潤いを奪ってしまうこともあります。
家に帰ると痒くなるアトピー
家についてほっとした途端に痒くなるアトピー。この家に帰ると痒くなるアトピーに対する対策について書いていきます。
アトピー肌とヒートテック
直接肌に触れるインナーを選ぶときは最新の注意を払っていきたいものです。流行のヒートテックなどはアトピー肌でも着ることができるのでしょうか?インナー選びについて書いていきます。