アトピー肌とヒートテック

MENU

アトピー肌のインナー選び 人気のヒートテックは?

ユニクロのヒートテックをはじめ、他社からも同様の温かいインナーが次々に登場して人気を集めています。

 

ヒートテックは確かに温く性能のよい製品であると思うのですが、アトピー肌の方々にとっては避けたものです。私は皮膚科医からもヒートテックは着ないようにと指示を受けました。

 

理由は単純で、化学繊維を起用しているからです。

 

化学繊維が直接肌に触れると痒みや刺激を感じやすくなります。

 

せっかく保湿ケアに、食事制限に力を入れても、肌に触れるインナーからの刺激を起こさせてしまっては元も子もありません。

 

アトピー肌を代表とする敏感肌の方の場合は、お肌に直接触れるインナーの素材には十分に気を配りましょう。

 

安心なのはやはり昔ながらの綿100%素材の肌着です。

 

そしてさらに優しいのはシルク素材の肌着です。

 

吸湿性、放質性ともにシルクは綿素材より優れているため、汗をかいても肌を快適に保つことができ、

 

さらには保温性にも優れているために外気の冷たさから肌を守ってくれます。

 

静電気も起きにくいので乾燥肌のアトピー患者にはその面でも助かります。

 

そしてさらに、あのシルクの気持ちの良い肌触りは私たちの末端神経に適度な刺激を与え、健康な肌を作るのに役立つといわれているんです。

 

女性の場合は、シルクの下着を着けているというだけで、ラグジュアリーな気分も味わえて、精神面でもよい効果が期待できそうですね!

 

アトピー肌、敏感肌の方は肌に触れる肌着に少し気を遣ってみるだけでも変化を感じられると思います。

関連ページ

自律神経を自分で整える
自律神経とアトピー性皮膚炎の関係性について、そして自律神経を安定させるための簡単にできる生活習慣についてご紹介します。
アトピーとストレスの関係
アトピーとストレスの関係について、海外旅行に行くとアトピーがよくなるのはなぜか?について考えていきます。
アトピー肌の入浴の仕方
アトピー肌の人にとって入浴は肌を清潔に保つためにもとても大切です。しかし間違った入浴方法では余計に肌の潤いを奪ってしまうこともあります。
家に帰ると痒くなるアトピー
家についてほっとした途端に痒くなるアトピー。この家に帰ると痒くなるアトピーに対する対策について書いていきます。
スワイショウで自律神経を整える
アトピー性皮膚炎と自律神経には大きな関係があります。スワイショウという腕ふり運動で自律神経を整えることができます。