アトピー肌の入浴の仕方

MENU

アトピー肌の入浴の仕方

アトピーの方はお風呂に入ると体温が上がり痒みが増すのでいやだ。そう思うこともありますよね。

 

しかし、やはりお肌を清潔に保つことは重要であるため、正しい入浴の仕方を知っておく必要があると思います。

 

外出してすぐに入浴するのが最も望ましいとのことです。

 

外でついた汚れもアトピーの肌には刺激になりますので、家に帰ったらすぐに入浴して皮膚を清潔に保つことがよいとされています。

 

 

お風呂の入り方の具体的な注意点

 

まずはぬるめのお湯に数分つかります。熱すぎるお湯や長湯は痒みを増しますよね。だから避けましょう!私は半身浴も痒みが増してしまい避けています、半身浴よりも肩までしっかりつかり身体に水分を十分に含ませるほういいようです。

 

洗う順番は髪の毛からです。シャンプーが身体についてしまうので。シャンプーはかなりお肌には刺激があるので手のアトピーがひどかった私は使い捨て手袋をして髪の毛を洗っています。頭皮に湿疹のあるときはリンスはNG。湿疹がひどかったときはお酢でリンスをしていました。

 

身体を洗うときは乾燥肌なら石鹸は基本的に使わずに、わきや陰部など汚れのひどい場所だけ石鹸で洗うようにして他はお湯で洗うだけで十分です。身体を洗うのにナイロンタオルやあかすりではなく、綿のタオルや手で優しく洗うようにしましょう。

 

入浴が終わったらタオルで押さえるようにそっと水気をとってあげて保湿をします。このように入浴して適度な水分を吸った肌は保湿剤の浸透率がとても高くなり保湿剤の効果を発揮できるようになるのです。

 

ハウスダストや汗が原因でアトピーが悪化していると思われる人は朝もシャワーを浴びるといいと思いますが朝のシャワーでは石鹸は使わずにお湯のみで洗うこと!

 

石鹸の使い過ぎはアトピーの方は注意しなければなりません。洗いすぎの人に注意です。

 

私も現に、産後のアトピー悪化の最初の原因は赤ちゃんのオムツ替えのたびに一日に何回も石鹸をつけて洗いまくっていたことです。そこから手ががさがさになりアトピーとなり全身に広がってしまったんです。

 

正しい入浴の仕方で、大切な肌を守っていきましょう。

関連ページ

自律神経を自分で整える
自律神経とアトピー性皮膚炎の関係性について、そして自律神経を安定させるための簡単にできる生活習慣についてご紹介します。
アトピーとストレスの関係
アトピーとストレスの関係について、海外旅行に行くとアトピーがよくなるのはなぜか?について考えていきます。
家に帰ると痒くなるアトピー
家についてほっとした途端に痒くなるアトピー。この家に帰ると痒くなるアトピーに対する対策について書いていきます。
アトピー肌とヒートテック
直接肌に触れるインナーを選ぶときは最新の注意を払っていきたいものです。流行のヒートテックなどはアトピー肌でも着ることができるのでしょうか?インナー選びについて書いていきます。
スワイショウで自律神経を整える
アトピー性皮膚炎と自律神経には大きな関係があります。スワイショウという腕ふり運動で自律神経を整えることができます。