甘酒でアトピーが悪化?

MENU

甘酒でアトピーが悪化

 

甘酒は「飲む点滴」などとも言われるほど豊富な栄養をもち、特に米麹から作る甘酒は優秀な健康食品です。

 

 

●甘酒を飲んで健康になった
●甘酒のおかげでお肌ピカピカになった

 

 

そのような口コミが多数ありますよね。

 

 

私も納得がいくまで甘酒についてインターネットで調べあげ、甘酒によりアトピー肌が改善することを期待して手作りで甘酒を飲むようになりました。

 

 

毎日、甘酒を一生懸命に飲み続け1ヶ月明らかにアトピーが悪化しているんです。甘酒はあれほどよい飲み物だと言われているのにどうして?本当にショックでした。

 

 

麹菌の過剰摂取によりカンジダ菌が増える

 

 

 

 

なぜ、甘酒でアトピーが悪化したのか理解できなかったのですが後に行った血液検査で分かったことは甘酒の原料である麹菌の過剰摂取により腸内のカンジダ菌が増殖を起こしてしまったのです。

 

 

アトピー体質の人は腸内にカンジダ菌が異常に多いそうです。

 

 

このカンジダ菌により腸内バランスが崩れてしまい、すかすかとなった腸壁からアレルゲンが侵入してしまう。

 

 

カンジダ菌は砂糖などの甘いものを好みます。そして酵母や、麹菌、キノコ類もカンジダ菌を増やすのです。

 

 

考えてみれば、甘酒はカンジダの好物ばかりなんですよね。あの甘酒の糖分に、麹菌

 

 

もともと、アトピー体質で腸内にカンジダ菌が多かったであろう私にとって甘酒を毎日飲むことは、せっせとカンジダ菌を増やす原因となっていたようです。

 

 

アトピーのためにと思って飲んでいた甘酒でカンジダ菌を増やし続けてしまっていたのです。

 

毎日同じ食品ばかりを摂取することは毒となる

 

それでは、甘酒はアトピーにはよくないのか?とは言い切れないと思っています。

 

 

悪化した原因は毎日飲み続けたことにあったと思います。

 

 

どれほど身体によい食べ物でもその食べ物を連続で食べすぎるとその食品に対してアレルギーを起こしてしまうものなのです。

 

 

甘酒のような抗原性の高いものばかりでなくても野菜であろうと、果物であろうと同じことです。アトピー体質の人は、食物アレルギーを起こしやすいので同じ食べ物を食べ続けるとそれが新たなアレルゲンとなってしまうのです。

 

 

理想的な食事の仕方は、同じ食材は3日はあけて食べるようにすることです。赤ちゃんの離乳食ではアレルギー予防のために当然のように言われている回転食はアトピーの人にも有効なんです。

 

 

甘酒であろうが
納豆であろうが
酵素ドリンクであろうが

 

 

毎日、毎日はやめましょう。

 

 

健康のためお肌のためを思って行ったことが原因で悪化するようなことになっては元も子もありませんよね。

 

 

甘酒でアトピーが悪化してしまった方はすでに甘酒の麹菌の影響で腸内環境が悪化してしまっていると思われます。

 

 

アトピーは乳酸菌で腸内環境を整えるのが必須

 

アトピーの研究ではアトピーと腸内環境の因果関係が指摘されています。アトピー患者は腸壁がもろく傷があるのだそうです

 

 

つまり腸の壁が穴が空いているいるようなものでそこからアレルゲンが入り込んでしまいアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうのです。
 

 

 

腸内環境を良くするためには善玉菌を増やす必要があるのですがそれには乳酸菌を摂ることが欠かせません

 

 

乳酸菌といえばヨーグルトですよね。

 

 

しかし、アトピーの人は乳製品にアレルギーを起こす人が多くヨーグルトを摂ることによって知らずに実はアトピーを悪化させている人も多いのが現状です。

 

 

他に乳製品といえば日本古来の発行食品などにもたくさん含まれています。ぬか漬けや納豆、甘酒、塩麹などにも含まれていますが…

 

 

私は魔法の飲み物といわれる甘酒の麹の取りすぎで腸内のカンジダ菌が異常発生してしまった経験があるために発酵食品を積極的に摂ることは避けています。

 

 

世間でどんなに良いと言われるものでも自分の体質に合わなければそれは摂るべきではないのです。

 

 

キムチも乳酸菌の宝庫と言われますが、わたしはニンニクや唐辛子により痒みが増してしまうのでこちらも積極的には摂りにくいです。

 

乳酸菌はサプリメントで摂取

 

 

ヨーグルトや発酵食品を食べても悪化しない方は積極的にそれらの食品を摂って乳酸菌を摂取するといいと思いますが、確実な方法で乳酸菌を摂取したいのでしたらサプリメントによる摂取が望ましいと思います。

 

 

私も食品によるアレルギーについて知り腸内環境とアトピーの関連について知るようになってから乳酸菌のサプリメントを摂取するようになりました。

 

 

今でも腸内環境を整えるために乳酸菌サプリはかかさずにとっています。

 

 

アトピーの症状がひどい時はつまり腸の壁がスカスカでアレルゲンを通しまくっている状況なので何より第一に腸内環境を整える必要があるのです。

 

 

わたしは最初は多めに乳酸菌を摂取しました。

 

 

ヨーグルトなどで摂取できる乳酸菌の量に比べてサプリメントで摂取するほうが大量の菌を摂ることができるため食品からの摂取と合わせて腸内に善玉菌を増やす目的として短期間での集中的な摂取がよかったようです。

 

 

私もビタミンなどに関してはサプリメントに頼らず食品から摂るのが望ましいと思っておりサプリメントは摂っていませんが、乳酸菌に関してはサプリメントで腸内環境をよい状態に保つことに臨んでいます。

 

 

 

ちなみに私が飲んでいる乳酸菌はこちらです。

 

 

>>乳酸菌革命公式ページを見てみる

 

 

 

お肌のための水の飲み方の記事へ

 

アトピー肌でもキレイの秘密トップページへ

関連ページ

遅延型フードアレルギー
食べてもすぐには症状の出ない遅延型フードアレルギーがあります。この遅延型フードアレルギーを知ることによりアトピー性皮膚炎が劇的に改善しました。
一日二食はアトピーに効果的か?
健康のために一日二食を実行する人が増えています。アトピーにも効果的だと言われる一日二食を実際に実行してみてどうだったのかを紹介します。
お肌のための水の飲み方
アトピーの方は肌の水分が不足しています。そのために水分補給が大切となってきますが、正しい水の飲み方をしないときちんと肌にまで浸透してくれないのです。
卵アレルギーとインフルエンザ予防接種
冬になると大流行するインフルエンザ。予防接種を受ける前に卵アレルギーの人は確認が必要です。
アレルギー除去食はいつまでするか?私の除去食解除の方法
食物アレルギーがある場合、その原因となる食品を食べないようにするとアトピーの症状が格段によくなると思います。ただし、その除去した食品をいつから再開するのかどのような形で再開するのかで迷っている方は多いと思います。私の除去食の解除について書いていきます。