卵アレルギーとインフルエンザ予防接種

MENU

卵アレルギーとインフルエンザ予防接種

 

冬になると大流行するインフルエンザ。
秋ごろからインフルエンザンの予防接種がはじまります。

 

 

私も小さな子供がいるので
子供のことを考えて予防接種をうけました。

 

 

しかしこのとき注意すべきことは
インフルエンザのワクチンには卵の成分が
わずかですが含まれているということです。

 

 

病院では、卵アレルギーはないかの確認をされましたが
卵を食べても痒みが増す程度で重篤な症状はないので
幼い子供のことを考えて受けることにしました。

 

 

遅延型フードアレルギー検査により
自分の卵アレルギーを知ってから数ヶ月。

 

 

これまで卵は完全に排除してきましたが
今回このインフルエンザの予防接種のために
数カ月ぶりにワクチンを通して体に卵の成分が入りました。

 

 

やはり痒くなりました。

 

 

いま予防接種をしてから1週間すぎましたが
確実に卵から来ていると思われる痒みがあり
腕の傷がひどくなってしまっています。

 

 

アレルギー物質が体内に入ったことによる痒みは
抑えるがキツイほど体の中から湧き上がる痒みなんです。

 

 

遅延フードアレルギー検査をしてからは
はっきりと何か体に合わないものを食べたときの
体の中から湧き上がる痒みと
単なる乾燥などによる痒みの違いが分かるようになりました。

 

 

乾燥による痒みはワセリンなどで
保湿すればすぐに収まります。

 

 

しかしアレルギーのある食べ物による痒みは
保湿とは無関係に痒いのです。

 

 

インフルエンザ予防接種をお考えの方で
卵にアレルギーがある場合は
痒みが増す可能性は高いです。

 

 

重症な方はよく考えてから予防接種を受けた方がいいと思います。

 

 

私はリスクを承知で受けましたので
今の痒みの現状を受け止めていますが
やはり痒いのから早く脱出したいですね…

 

 

アレルギー除去食はいつまでするか?私の除去食解除の方法の記事へ

 

アトピー肌でもキレイの秘密トップページへ

関連ページ

遅延型フードアレルギー
食べてもすぐには症状の出ない遅延型フードアレルギーがあります。この遅延型フードアレルギーを知ることによりアトピー性皮膚炎が劇的に改善しました。
一日二食はアトピーに効果的か?
健康のために一日二食を実行する人が増えています。アトピーにも効果的だと言われる一日二食を実際に実行してみてどうだったのかを紹介します。
甘酒でアトピー悪化?
飲む点滴とまで言われる甘酒。しかしその甘酒でアトピーが悪化した原因について考えてみました。
お肌のための水の飲み方
アトピーの方は肌の水分が不足しています。そのために水分補給が大切となってきますが、正しい水の飲み方をしないときちんと肌にまで浸透してくれないのです。
アレルギー除去食はいつまでするか?私の除去食解除の方法
食物アレルギーがある場合、その原因となる食品を食べないようにするとアトピーの症状が格段によくなると思います。ただし、その除去した食品をいつから再開するのかどのような形で再開するのかで迷っている方は多いと思います。私の除去食の解除について書いていきます。