薬を使わずにアトピー肌を改善させました

わたしは薬やステロイドを使わずにかなり重度のアトピーを治しました。こちらが現在のわたしの顔の状態ですファンデーションは塗っていません。

 

薬なしでアトピーを治した

 

変な自慢じゃないですが、いまは肌キレイだよねと言われることもよくあるほどまでにアトピーで真っ赤だった肌も回復しました。

 

出産後に悪化したアトピーは全身まで広がり顔ももちろんひどい乾燥とカサカサ、傷だらけになりました。あのときは他人と目を合わせるのが本当につらかったです。電車に乗れば人目が気になり、時には知らない方に

 

「あなたどうしてこんなに真っ赤なの?」
「いい薬があるわよ?」

 

そんな声を掛けられることもあったほどです。心配して声をかけてくれているのでしょうが、本人的には触れてほしくないことであり、作り笑顔で乗り切りながらもその場で泣きたくなるほどつらい思いでした。

 

アトピーがひどかったころは写真など絶対に撮りたくなかったために、写真は一切残っていないのですが1枚だけアトピーの症状が写っている写真がありました。

 

ひどかった当時

現在の右腕

七田式英会話7プラスバイリンガル


 

それでもこの写真は一番ひどかったときではありませんよ!この写真は半袖を着ているので、まだマシになって勇気を出して腕を出しているときのものです。この写真でさえマシになっているものなんですから、本当にひどかった時の状態はご想像いただけるかと思います。

 

それに対して左側の写真は現在の同じ右腕の写真です。あんなに赤かった傷跡もまったくなくなっていますよね。

 

わたしはステロイドや薬は一切使わないでひどいアトピーをここまで治しました。今ひどいアトピーで悩んでる方で薬は使いたくないと思っている方のお役にたてればとわたしがアトピー治癒のためにしてきたことをすべて紹介します。

 

このブログは現在ステロイドを使用していない方にむけた内容であり、現在ステロイドを使用している方は急にステロイドの使用を中止することは危険ですから止めてください。

 

大人のアトピーは体質改善が重要!わたしのやってきたこと

わたしはステロイドや病院でもらう薬はもちろん高いエステや特殊な民間療法、高価な入浴剤などは一切使用していません。お金をかけずに食生活の見直し、体質改善でキレイな肌を取り戻しました。わたしが体質改善のために行った方法は大きくは次の5点です

@遅延型フードアレルギー検査
AMREビオスによる腸内環境の改善(MREビオスの効果の私の体験談はこちら
Bグルテンフリーダイエット
C自律神経を整える

こちらの4点について以下で説明していきます。 特に@の遅延型フードアレルギー検査とAのMREビオスによってわたしは救われたと思っています。

 

遅延型フードアレルギー検査で食生活の見直し

薬なしでアトピーを治した

わたしがアトピーをここまで改善できた最も大きな要因は遅延型フードアレルギー検査を受けたことだと確信しています。まず今何をしても痒くて仕方ない方は、自分の身体が何に反応してアレルギー症状を起こしているのかを知る必要があります。

 

本当に何をしても症状が改善しない。もうアトピーを治すなどムリなのかもと途方に暮れている方は遅延型フードアレルギー検査を受けてみてください。自分の身体に合わない食べ物を把握しないことには、いくらわたしがここで紹介する方法を行っても体の中から湧き上がる痒みは治りません。

 

わたしの薬なしでのアトピーの治し方の基本は食べ物の改善です!

 

しかしどんなに体によいと言われている食べ物であっても、自分の身体に合わないものをとっていては逆効果でしかないのです。わたしの場合は甘酒がその典型でした。アトピーにも効果があるときいて甘酒を毎日飲み続けた結果、アトピーを悪化させてしまいました。アトピーによい食べ物を探すのではなく、自分の身体がどんな食べ物が合わないのかを知ることが先決です。

 

<関連記事:甘酒でアトピー悪化?

 

遅延型フードアレルギー検査を受けると自分が想像もしていなかった食品に実はアレルギーがあったことがわかりますよ。わたしの場合は、ひまわり油や黒コショウにアレルギーがあったんです。そんなの普通は分からないですよね。そして知らないからいつもガンガン口にしていましたよね(*_*;

 

<関連記事:遅延型フードアレルギーの検査のお陰でアトピーを改善

 

MREビオスによりアトピーに必須の腸内環境の改善

MREビオス

 

アトピーの人は腸に問題があるのだといいます。腸内環境を改善するには乳酸菌がよいとのことは多くの方が知っていると思います。乳酸菌といえばヨーグルトが思い浮かぶと思いますが、アトピー改善のためにとヨーグルトを食べ続けそれが実はアトピーを悪化させている原因だということもよくあるのです

 

わたしはアトピーが悪化してから乳酸菌サプリを摂るようにし食生活の改善もあったためかなり肌の状態はよくなりました。しかし、ひどかった腕のアトピーの傷跡だけは何年も消えなかったのですがMREビオスを飲み始めてから3ヶ月で目に見えるように腕の傷跡やカサカサもなくなり今では半袖も躊躇なく着ることができるようになりました。

 


 

MERビオスは腸内環境の改善と免疫を整える働きがあります。わたしとしては乳酸菌よりもMREビオスのほうが目に見えた効果があったため今でもMREビオスは毎日飲んでいて、とてもおすすめできます。

 

>>MERビオスの公式サイトを見てみる

 

グルテンフリーは顔のアトピーに効果的

薬なしでアトピーを治した

グルテンフリーダイエットとは小麦粉製品を食べない食事療法です。グルテンフリー食に切り替えてから劇的に顔の赤みが引いてきました。小麦粉を食べすぎると顔にアトピーが出ることが多いと聞きます。アトピーはどの部位に出てもつらいですが、特に隠すことのできない顔に症状が出ているときの精神的な落ち込みはとても大きかったので、私は藁をもすがる思いでグルテンフリーに挑戦しました。

 

小麦粉の摂取を辞めることにより、必然的にケーキやお菓子類を食べる機会が減りました。アトピーにとっては甘いお菓子に含まれている砂糖も大敵ですから砂糖の取りすぎも防ぐことができアトピーにも効果があったと思われます。

 

グルテンフリー生活を2年間続けて、肌の調子もよくなっているので現在は少しずつまた小麦粉製品を食べ始めています。

 

自律神経を整えるため生活習慣の改善

薬なしでアトピーを治した

アトピーと自律神経の関係は切ってもきれません。自律神経をを整えるために生活習慣の改善も行いました。規則正しい生活をして十分な睡眠時間の確保すること。適度な運動を行うことを心がけていました

 

運動はアトピーがひどいときは人目も気になってスポーツジムにも通いたくない人も多いですよね。わたしは早朝のウォーキングとスワイショウという腕ふり運動をしてきました。スワイショウは運動が苦手な人でも、簡単にでき、また家の中でもできるので人目を気にすることなくできるためにおすすめです。

 

<関連記事:スワイショウで自律神経を整える